人と住まいの関係は「恋愛関係」に似ている!?

住まいと恋愛

「住まい」と「人間関係」

お付き合いしたてのカップルは、お互いにそばにいるだけで居心地が良いので、少しの事でも気にせず一緒に居られます。

しかし、だんだん時が経つにつれ、お互いの「アラ」が見えたり気づいたりしてきます。

そして、さらに時間が経つと、相手の欠点ばかりが目につき、お互いが嫌になってくる時期が訪れます。

そんな経験された方も多いのではないでしょうか?(笑)

相手に期待をしてしまい、自分の思い通りにならないと、ついつい相手のせいばかりしてしまいがちです。

そこに気づき、相手の良いところを見れるようになると、さらに長くお付き合いができますが、
それが出来ずに、一緒にいることが「苦痛」と捉えてしまうようであれば「破局」に向かう事になります。

これって、「住環境」にも同じことが言えるんですよねー

「ウキウキ感」から「当たり前」の心理状態に

モデルルームや住宅展示場などで物件を選ぶ際に、
「ここ、すごく素敵!」と惚れ込んで手に入れた住環境。

最初は、以前までの環境の変化も手伝い、すごく毎日がウキウキしていました。

しかし、「ウキウキ」が落ち着いてくると、住環境への「アラ」が見えてきます。

「この部屋、狭いなぁ…」
「壁紙の色が気に入らないなぁ…」
「深夜、近所がうるさいなぁ…」
「庭の草むしりがめんどうだなぁ…」

その欠点への気になり方が一向に収まらないとなると、最終的には、そのお家を手放す事になってしまいます。

まぁ、恋愛と一緒なので、それも「アリ」なんですけどね(^_^;)

ここで言いたいことは、
嫌気がさしている住環境の「良いところ」を見て行こうよ
ってことなんですね。

住まいも人間関係も「ウキウキ感」を大切に!

最初、なぜあなたはその家に住みたいと思ったのでしょう?

もちろん、
「駅から近いから」
とか
「安いから」
って理由もあります。

が、もっと住環境において具体的な理由で選んだはずです。

「リビングが広いから」
「和室があるから」
「庭付きだったから」
「お風呂がキレイだから」

その「良いところ」をさらに深堀して、入居当時の「ウキウキ感」になるような工夫をする、って方法があります。

例えば、

リビングに合うようなテーブルを思い切って買い換えて、家族でディナーを楽しんでみたり、
和室でお香を焚いて、お茶を煎れることをやってみたり、
お庭で小さな規模のガーデニングを始めてみたり
お風呂で「バスソルト」を試してみたり

物件を気に入った「初心」に「ウキウキ感」が存在しています。
そこを思い出して、アレンジするだけで、日々の生活にもメリハリが出てきますね。

今のままで十分足りてますからねー
そこに気づかず、相手を責めて自分も苦しんでいるだけなんですね。

恋愛も住環境も、一緒にいて「当たり前」と思ってしまうところにうまく行かない理由があります。

「ウキウキ感」を大切に、快適な住環境でハッピーライフを♪

 

 

関連記事

  1. 住環境ブログ用

    「住環境」も「人間関係」も完璧はない

  2. 住環境と人の心

    住環境が人を変える!?

  3. 土地トラブル

    土地で他者とトラブルになる人の2つの特徴

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA